新しいお魚投入!

今日は先週新しくお迎えしたナンヨウハギさんを水槽に投入しました! ドリーの名前で言ったほうがわかる人も多いと思いますが、青と黒の派手なお魚さんです。  ナンヨウハギは成長するとでっかくなるから、以前の60cm水槽だと飼えなかったんですが、今の90cm水槽なら余裕! という事で買ってしまいました。 このお魚は本当ーっに白点病になりやすい。 なぜなら砂の上に寝そべって寝るからです!  海水魚を飼ってる人なら誰しも一度は格闘した事があるでしょう。 あの忌まわしき敵、白点病。 淡水魚の白点病なんて、メチレンブルー垂らせば一発なのに。 なんで海水の白点病はあんなにもやっかいなのでしょう。 私の以前の60cm水槽も白点病にやられて壊滅した経験があります。  海水魚の白点病は基本的に白点虫という虫が原因で起こります。 やつらは一端魚に寄生したあと、その体を離れて砂にもぐりシストと呼ばれる状態になります。 そしてそこからまた爆発的に増殖して増えるわけです。 なので底砂をかきまわしたりすると、お魚は感染しやすくなるのです。  よりにもよってその病気の温床となる砂に寝そべるナンヨウハギ。 やめてくれー!という飼い主の心の声を無視して、水槽に放流したナンヨウハギさんは早くも砂に寝そべってました。  飼ってきてから5日は薬浴でトリートメントしたし、殺菌灯もついてるし… あとは白点病が発症しない事を祈るばかりです。

肌荒れ化粧水